クリクマとSDGs


 誰もが活躍できる空間づくり 

さまざまな人の協力を積極的に受け入れ、誰もが誇りをもって挑戦し、輝ける場に。

「ホットチョコレート」を提供するチョコレート専門店「久遠チョコレート熊本」(認定NPO法人NEXTEP運営)では、病気や対人関係の不安、不登校などの経験がある若者たちが働いています。多様性を大切にし、誰もが輝ける社会を目指してチャレンジしていきます。

ベトナムの仲間たち×クリスマスマーケット熊本
ベトナムの技能実習生もサンタ姿で参加。

現在、熊本県内では7000名を超える外国人技能実習生が、技能・技術・知識を習得しています。ベトナムなどから訪れた実習生たちは、学習以外にも地域のイベントや活動に参加し、日本の文化をより深く理解しようと心がけています。今年はベトナムの技能実習生たちも、クリスマスマーケットの運営に参加する予定です。会場でサンタ姿の技能実習生を見かけたら、ぜひ「メリークリスマス」と声をかけてください。

 誰もが楽しめる空間づくり 

障害のある子どもとその家族、誰もが安心してお出かけ、滞在できる空間。

日頃から車椅子やバギー(子ども用車椅子)を利用するお子さまとご家族を優先的にご案内するガーデンイグルーを設置しています。車椅子等のまま、ご家族みんなでゆったり過ごしていただけます。医療的ケアが必要なお子さまも安心して過ごせるように工夫しています。

県産木竹材や廃棄される杉の枝葉、古材などを利活用した会場空間づくり。

木造店舗「ヒュッテ」や入場ゲート、竹あかりオブジェなどは、熊本県の木材・竹材を活用して、オリジナルで制作されています。また、什器や美術装飾などにも、廃棄古材を再利用することで資源の大切さを伝えます。

SDGs活動団体紹介・寄付受付

持続可能な世界を実現するための17の目標に沿った活動をされている、熊本の団体の紹介コーナーを設置します。さらに募金箱を設置して寄付を受けます。

地産地消・フードロス対策・フェアトレード

販売メニューの食材は、地産地消として、熊本県産品を多く使用します。さらにフードロス対策事業を全国展開する「フリフル(熊本市)」とコラボし、規格外品などの食材を活用します。また、フェアトレード商品を使用したり、販売を行います。

子ども食堂

販売メニューの調理は、子ども・地域食堂「だんだん食堂(嘉島町)」を中心とした体制になり、売上の一部は寄付されます。

寄付体験

この店舗で販売する商品には、寄付コイン(1枚20円分)が付いています。寄付コインをもらった人は、SDGs活動団体の紹介を見たうえで、自ら考え、「興味関心のある・寄付したい」団体の募金箱に寄付をします。

ココロの学校オルタナ

SDGs活動団体紹介コーナーや店舗の装飾は、心の病(精神疾患)を抱えた方を対象とした就労移行支援事業所(オルタナ)のみなさんと一緒に制作します。