TOPICS

ステージ出演者(花畑会場)

(終了分ステージ情報)

 

◆12月6日(月)

◎17:00~ オープニング

◎18:00~18:30 林田拓也

1978年 熊本市生まれ。ありそうでなさそうな、どこまでもポップなメロディとシンプルな歌詞を併せ持つエバーグリーンなポップソングをたった一人で奏でる熊本在住のミュージシャン。様々なバンド活動を経て、2000年代よりソロで音楽活動をはじめる。地道かつ地味な性分ゆえ「マイペース」な長い月日の後、2015年暮れにアルバム「下江津ハニー」を自主リリース。各所で好評を博す(タイトルは除く)。また2018年にはアーティスト「スガシカオ 」熊本公演のオープニングアクトという大役を本人選出の元、見事につとめあげた。熊本で生活し、自分の歌を創作する。あたりまえのことを、あたりまえに歌う。音楽を愛し、時には音楽に愛される男、林田拓也。

◎19:00~19:30 小西佳太

1987年生まれ。13歳からギターを弾き始める。16歳で中川イサト氏のアコースティックギターの世界に出会い衝撃を受ける。以降、ソロギターでオリジナル曲を作曲し演奏活動中。古今東西の様々な音楽を研究しジャンルを越えたギター音楽を目指している。非凡な作曲センス。フィンガーピッキングで演奏される表現力豊かなソロギターの世界には誰もが驚嘆する。テクニックよりも表現力を重視し、風景的な音世界を描くギタリストである。2020年フィンガーピッキングデイ九州予選大会最優秀賞。

◎20:00~20:30 WORLD LAUGH

2019年4月1日結成。温かく深みのある歌声のJe’Glanz(ジェーグランツ)【右】と真っ直ぐ突き抜ける歌声を持つSuguru(スグル)【左】の2人で構成され、高低あるハーモニーで心に寄り添うような曲をハートフルに歌う人情派デュオ。結成3ヶ月で第101回全国高等学校野球選手権福岡大会のJ:COM福岡、ケーブルステーション福岡のテーマソングを務め、2020年高校野球独自大会のJ:COM福岡・熊本・下関のオープニングソングも務める。

◆12月7日(火)

◎20:00~20:30 black tea

様々な心情に寄り添い、心に届く音楽”をコンセプトに、TPOに応じた演奏編成(主にアコースティック)で活動しております。熊本を中心に、色々な場所で活動中。

【活動歴】
2017年
・大衆演劇と舞台共演
2018年
・自主制作CD発売(バンド)
・ラジオCMソング担当
・サーキット場特設ステージ ソロLIVE
2019年
・YouTubeチャンネル設立
・東京、福岡でLIVE
・SAKURAMACHI KUMAMOTO開業イベント出演
・市政130周年記念 くまもと2019フェスタ出演
・ラジオ出演
・自主制作CD、グッズ発売(アコースティック)
2020年
・配信活動開始

◆12月8日(水)

◎19:00~19:30 akari(Shiki)

熊本を拠点に活動をしているバンド「Shiki」のボーカル。明るいような、どこか暗いような、不思議な魅力を持つ旋律に、透明感のある歌声が合わさり、独特な世界観が作り上げられている。2021年7月7日に2st Album「Hue」をリリース。

◆12月9日(木)

◎19:00~19:30 MAMI

中学生3年生から3年間程声楽を勉強。高校卒業後、福岡の音楽専門学校に通い、ポップスとゴスペルを主に学ぶ。学内マネージャー科と作曲科とのプロジェクトに参加し、自身で作詞しながらオリジナル曲を複数制作。2019年には、東京と福岡に拠点を持つmusic planetのボーカルオーディションに参加し合格。嵐さんや菅田将暉さん、鈴村健一さんなどの作曲やプロデュースをされている松下典由さんのプロデュースの元オリジナル曲”ヒカリ”を制作。現在はアカペラグループ『くまおと』のメンバーとしても活動しています。

◆12月10日(金)

◎19:00~19:30 柴田 樹 (Tatsuki Shibata)

ドラマー&パーカッショニスト、RAV Vast Drum公式プレイヤー&エンドーサー、公式プロモーター。九州内外でRAV Drumを用いたソロ活動やユニット、様々なアーティストのサポート、レコーディングなど幅広い分野と共演し活動は多岐にわたる。2021年8月14日よりRAV Labs社とエンドースメント契約を締結し、RAV Vast Drumエンドーサーとなる。お聴きくださる皆様へ、ほんの少しの癒しのひと時をお届けします。

◎20:00~20:30 坂田飛鳥

心を満たす”ハートフル”をテーマに活動するシンガーソングライター。音楽を通してだからこそ感じる事ができる想い、そして伝わる感情を大切に歌う。福岡県で展開するドラッグストア、”ドラッグコーエイ” テーマ曲「Going!コーエイ」 制作・楽曲提供。1stAlbum「あれかしと」発売&配信中。2022年2月20日、2nd Album「つまり、愛の認識」発売&配信。同日、熊本城ホールシビックホール「ハートフルワンマンライブ in シビックホール」開催予定。

◆12月11日(土)

◎12:00~12:30 yesterday trace

2003年よりユニットを結成し活動開始。ボーカルとギターというデュオスタイルによるフラメンコジャズを演奏。福岡市内を中心にイベントやパーティー、お店での演奏、ライブを行っております。ジャズを聴かれない方にも馴染みやすく、またジャンルにとらわれることなく、どんな方にも楽しんで聴いて頂ける音を心がけております。

◎13:00~13:30 Halau O lino KUMAMOTO

熊本市西区にある高橋稲荷神社近くにスタジオを持つ、ハワイアンフラとタヒチアンダンスのお教室です。いくつになっても女性らしく輝けるポリネシアンダンスを少しでも多くの方に知っていただきたく活動しています。

◎18:00~18:30 NOZOMI PIENA:TA & mastarrja

NOZOMIPIENA:TA

19xx年、混沌の時代を迎えていたジャパンの西側、Kyushuに不時着した小さなUFO。乗船していた少女は記憶を無くしていたが、地球の様々な音楽に触れ、xx年後、宇宙的SSWへと本来の姿を取り戻した。次は新しい次元の地球を見据えたエネルギーの楽曲を放出するため、進化の途中。

mastarrja

福岡県福岡市在住。自分自身が光であり続けるために、音楽活動を続ける。作詞/作曲/編曲/歌唱

◎19:00~19:30 スーズ

坂本タケル(Vo/Gt/Pf)、北平優人(Ba/Gt)による、熊本のロックバンド。2021年8月結成。結成初のライブを、自主企画ライブ『SUZE JOINT GIG 2021 “FROM”』で成功させ、以後も、様々なライブイベント出演や、ライブイベント開催など、精力的な活動を続けている。

◎20:00~20:30 中村千尋

1988年6月15日生、熊本県出身。父親の影響で13歳の頃から作詞、作曲を始め、高校卒業後上京。2014年夏、全国17か所にて路上ライブツアーを決行。そのアクションがTwitter上でも話題となり、10月1stアルバム「どーも中村です。」で全国CDデビュー。2017年、WEB CM動画「カサネテク」が1,000万回再生を突破し、大きな話題となる。2021年4月21日、NEWアルバム「傷つく準備はできている」をリリース!!

◆12月12日(日)

◎12:00~12:30 trilby

可愛さの中に色気のあるA-yah。どんなジャンルも歌いこなすパワフルボイスなkazchicaそして安定感のある低音ボイスの持ち主であるkumi.この声質もジャンルも違う3人で結成されたtrilby。今回のクリスマスマーケットではkumi.が産休のためA-yahとKazuchicaのツインボーカルでこれまでとはまた違ったステージをお届けします✨

◎13:00~13:30 Hula Welina O Nā Pua Mālie(フラ・ヴェリナ・オ・ナー・プア・マーリエ)

感謝を込めて 穏やかな花のように。私たちは、熊本市を中心に活動しているハワイアンフラ・タヒチアンダンスの教室で設立9年目を迎えます。ステージイベントへの出演、ボランティア活動、ミュージシャンとのコラボレーション等を楽しみながら、踊らせていただいております。 活動をしていく上で家族や周囲の方々への感謝を忘れず、そして笑顔でいつまでも咲き続けて欲しいという想いが教室名に込められています。

◎17:00~17:30 嘉悦なつ美

熊本をこよなく愛するシンガーソングライター。大人っぽさと子どもっぽさが混ざりあったハスキーボイス、心にストレートに訴えかけるメロディーラインが特徴。熊本を拠点にライブハウスやバー、レストランなどで活動中。ライブや楽曲提供などの音楽活動だけでなく、白岳しろCMを自主制作し、企画、編集、ナレーションをするなどマルチな才能を発揮している。

◎18:00~18:30 colorful fairy

みなさん、こんにちは!平成音楽大学クラリネットトリオcolorful fairyです。私たちは平成音楽大学1年生いちにさくら、同じく1年生おおうえゆうな、わかばやしじゅひとです。今回このような演奏の機会をいただけて嬉しく思います。まだまだ経験は浅いですが、本日は聴いていただけるみなさんにとって、素敵な時間になるよう、感謝の気持ちを込めて演奏いたします。どうぞよろしくお願いいたします。

◎19:00~19:30 中村千尋

1988年6月15日生、熊本県出身。父親の影響で13歳の頃から作詞、作曲を始め、高校卒業後上京。2014年夏、全国17か所にて路上ライブツアーを決行。そのアクションがTwitter上でも話題となり、10月1stアルバム「どーも中村です。」で全国CDデビュー。2017年、WEB CM動画「カサネテク」が1,000万回再生を突破し、大きな話題となる。2021年4月21日、NEWアルバム「傷つく準備はできている」をリリース!!

◎20:00~20:30 CO2 with 安武美由紀

CO2

5歳の頃から作詞作曲に興味を持つ。18歳から弾き語りを中心したシンガーソングライターの活動をはじめる。ボイストレーニング、ギター、作詞作曲の勉強を重ねながら、熊本、福岡、東京を中心に活動する。2018年には熊本CIBにてNEIGHBORS COMPLAINのOAを担当。同年、東京ツアーを敢行。熊本市内で開催されたマチナカ音楽祭に出演。2019年1月、6月に主催イベントを開催。2020年1月26日に初のEPレコ発ワンマンイベントを開催し、好評を博す。アコースティックスタイルのみならず、バンド形態やピアノ・デュオの活動を並行して実施。

安武美由紀(ピアニスト)

7歳より電子オルガンを始める。九州女学院(現ルーテル学院)高等学校芸術コース卒業。九州女子短期大学音楽科(電子オルガン専攻)卒業。現在、ヤマハ音楽教室システム講師、ヤマハジュニアスクールドラム講師として株式会社有明楽器に所属。キーボーディストとしてアマチュアバンドのサポートや、ブライダル奏者・聖歌隊としても活動中。

◆12月13日(月)

◎19:00~19:30 君影草

君影草の「人の幸せを願う」という花言葉のもと、切ないけど心震わせる曲をアカペラカバーしています。是非お聴き頂いて、幸せをおすそ分け出来たらと思っています!

20:00~20:30 MAMI

中学生3年生から3年間程声楽を勉強。高校卒業後、福岡の音楽専門学校に通い、ポップスとゴスペルを主に学ぶ。学内マネージャー科と作曲科とのプロジェクトに参加し、自身で作詞しながらオリジナル曲を複数制作。2019年には、東京と福岡に拠点を持つmusic planetのボーカルオーディションに参加し合格。嵐さんや菅田将暉さん、鈴村健一さんなどの作曲やプロデュースをされている松下典由さんのプロデュースの元オリジナル曲”ヒカリ”を制作。現在はアカペラグループ『くまおと』のメンバーとしても活動しています。

◆12月14日(火)

◎19:00~19:30 柴田 樹 (Tatsuki Shibata)

ドラマー&パーカッショニスト、RAV Vast Drum公式プレイヤー&エンドーサー、公式プロモーター。九州内外でRAV Drumを用いたソロ活動やユニット、様々なアーティストのサポート、レコーディングなど幅広い分野と共演し活動は多岐にわたる。2021年8月14日よりRAV Labs社とエンドースメント契約を締結し、RAV Vast Drumエンドーサーとなる。お聴きくださる皆様へ、ほんの少しの癒しのひと時をお届けします。

◎20:00~20:30 BELL-FLOWER JAM

2018年6月3日、熊本にて「Charlotte」(シャーロット)名義で結成。Love&Bluesを信条に時代と逆行しつつも新しいネオレトロなサウンドを鳴らすロックンロールバンド。九州圏内外を問わずライブ活動を続けるだけでなく、モーモールルギャバンやBimBamBoomなどの全国区で活躍するバンドのオープニングアクトおよび対バン相手も務める。2021年1月8日ゲリラワンマンライブ「Blooming」にて新バンド名「BELL-FLOWER JAM」(ベルフラワージャム)発表。さらにこの時代への挑戦状となる1曲「人工衛星」を発表。2021年5月に最新曲「キャンドルライト」を配信リリース。

◆12月15日(水)

◎19:00~19:30 black tea

様々な心情に寄り添い、心に届く音楽”をコンセプトに、TPOに応じた演奏編成(主にアコースティック)で活動しております。熊本を中心に、色々な場所で活動中。

【活動歴】
2017年
・大衆演劇と舞台共演
2018年
・自主制作CD発売(バンド)
・ラジオCMソング担当
・サーキット場特設ステージ ソロLIVE
2019年
・YouTubeチャンネル設立
・東京、福岡でLIVE
・SAKURAMACHI KUMAMOTO開業イベント出演
・市政130周年記念 くまもと2019フェスタ出演
・ラジオ出演
・自主制作CD、グッズ発売(アコースティック)
2020年
・配信活動開始

◎20:00~20:30 嘉悦なつ美

熊本をこよなく愛するシンガーソングライター。大人っぽさと子どもっぽさが混ざりあったハスキーボイス、心にストレートに訴えかけるメロディーラインが特徴。熊本を拠点にライブハウスやバー、レストランなどで活動中。ライブや楽曲提供などの音楽活動だけでなく、白岳しろCMを自主制作し、企画、編集、ナレーションをするなどマルチな才能を発揮している。

 

◆12月16日(木)

◎19:00~19:30 吉田敬

音楽家でありまたフリーランスのマルチクリエイター。国内外のプロジェクションマッピング等のサウンドディレクターをはじめ、熊本ではCMソングなどの作曲に数多く関わる。個人として複数のバンド活動及びピアノソロとしての活動と共にオリジナルCDをリリース、またカメラマンとしての活動も行い各コンテストでの受賞歴あり。また上記の活動と共に自身の持病1型糖尿病や人工透析の経験の話などの啓蒙講演活動もしている。

◎20:00~20:30 市原朋奈(accordion)

熊本県出身、平成音楽大学卒業。ソロ演奏をはじめ、さまざまな楽器との共演を、ホールでの演奏会からマルシェ、レストランなどで行う。ミュゼット、タンゴ、クラシック、ポピュラー音楽、自作曲など幅広い分野で活動。アコーディオンの懐かしくも新しい音色で、力強くもどこか切ない音楽、日常にちょっと違う刺激をお届けします。

◆12月17日(金)

◎18:00~18:30 熊本ベルェベル美容専門学校

実践教育・人間性教育に力を入れ、美容業界のスペシャリストを育成する美容専門学校。『関わるすべての人へ教育を通じて感動を提供し、社会に貢献する。』の理念のもと、日々の授業で身につけた技術を、地域のイベントやボランティアなどに積極的に参加し実践!世の中の多くの人をハッピーにするため、さまざまなシーンで活躍しています。今回はクリスマスをテーマに、1ヶ月かけて準備を進めてきました。生徒たちが創り上げるヘアメイクショーは観る人を感動に包みます!ぜひお楽しみに!

◎19:00~19:30 collection

熊本発 フィーリングポップユニット。シンガーソングライター琴音(vo.)とエレクトーンプレイヤーチャッキー(key.)という異色の2人が意気投合し2020年に結成。DTMソフトとシンセを組み合わせ、各々のフィーリングを大切にし、エレクトロポップやポップスにのせ表現している。youtubeにてMusic Video公開中。

◎20:00~20:30 平山カンタロウ

1987年生まれ。長崎出身福岡在住。14歳でアコースティックギターを弾き始め、友人と路上ライブをする。高校では文化祭バンドを組み、地元の楽器屋でライブをする。18歳の頃父親の勧めで出したオーディションで最終選考まで残り、東京のスタジオで歌う。落選するが、これを機にミュージシャンを志す。大学進学のため福岡に移住。様々な形態を経て2011年にアーティスト名を”図鑑”としてドリーミュージック内インディーレーベル「UPRISE」より5枚のオリジナルアルバムと1曲の配信シングル、1枚のベストアルバムをリリース。TBS「王様のブランチ」エンディングテーマや、トヨタカローラ「カローラスポーツ」九州沖縄CMソング、ドラマ「のの湯」主題歌などに起用される。NHK福岡地域発ドラマ「You May Dream」「福岡美人がゆく!」など3作品のドラマに出演。平山カンタロウの書き下ろしによるNHKみんなのうた「キミと歯のうた」が2020年8-9月に決定。2020年7月5日に年間に及ぶ図鑑の活動を終了し、“平山カンタロウ” としてドリーミュージックより8月5日にメジャーデビュー。

◆12月18日(土)

◎12:00~12:30 まめきち&まめこ

村田千尋(ピアニスト)

3歳よりクラシックピアノを始める。高校生でバンド活動を始め、大学生でビッグバンドジャズサークルに所属。卒業後はビッグバンドジャズオーケストラや自身のトリオを中心とし県内外で活動。CMやホームページ楽曲提供、音楽だけではなく絵画や彫像などあらゆる芸術家の集まるイベントの主催も行う。

Ükey

1987年11月15日生まれ、熊本在住のエレクトロニック・シンガーソングライター。グラノーラの卸業を経営する傍ら、日々楽曲制作、国内外の路上やカフェで演奏活動を展開。

◎13:00~13:30 メタボマン

ある時はお坊さん。ある時はメタボマン。楽しくなければお寺じゃない!!楽しいだけでもお寺じゃない!!をモットーにお腹と風船を膨らませ活動中。保育園・幼稚園・病院・老人施設・各種イベントにて、みんなをキャンディに…いや笑顔に!!

◎17:00~17:30 嘉悦なつ美

熊本をこよなく愛するシンガーソングライター。大人っぽさと子どもっぽさが混ざりあったハスキーボイス、心にストレートに訴えかけるメロディーラインが特徴。熊本を拠点にライブハウスやバー、レストランなどで活動中。ライブや楽曲提供などの音楽活動だけでなく、白岳しろCMを自主制作し、企画、編集、ナレーションをするなどマルチな才能を発揮している。

◎18:00~18:30 バター★コーンEX

シュールをこよなく愛するバンド。avex全国音楽コンテストを勝ち抜き、CD全国リリースするが、1100枚しか売れず泣く。またお笑い芸人の賞レース「歌ネタ王決定戦」準決勝へ進出するが、決勝へ進めず泣く。今年8月にリリースしたInstagramで話題の万能調味料「ふ~塩」公式SONGは現在再生回数150万回を越え、泣く。その他CMソング制作、タレント慶徳二郎、熊本美少女図鑑などへ楽曲提供も行う。

◎19:00~19:30 シガキマサキ

ウィークエンドシンガーソングライター。2004年『春の色』でデビュー。同年1stアルバム『黄昏フリーク』からのシングル『大丈夫』が各地のメディアにて話題に。2008年に2ndアルバム『ハミングムーン』からは『テンキニナアレ』がFMK powerplayに。現在は週末を中心に細々と活動中。フォーキーなメロディに味わい深いリリック。毛布のような歌声を今宵もどこかで。

◎20:00~20:30 George&Joelle

Joelle (シンガーソングライター)

9/26生。アメリカ生まれの秋田育ち。幼少期からジャズやブルース好きな父の元でピアノに合わせて歌い始め、6歳で彼女自身もピアノを始める。カトリック系の女子校に進むと聖歌隊に入りながらもギターやピアノでの弾き語りを始め、 リサ・ローブやサラ・マクラクランのコピーをしていく内に本格的に音楽で身を立てる事を決意。高校卒業後上京して音楽専門学校に入学。在学中プレイステーション2のテーマソングやTV東京のディズニー番組「ディズニータイム」のオープニングテーマで作詞とヴォーカルを手がけるなど、学内に留まらず積極的に音楽活動を行う。専門学校卒業後、彼女のピアノの弾き語りが入ったビデオがバックストリート・ボーイズのプロデューサー ゲイリー・ベイカーの耳に留まり、単身渡米し同氏とオリジナルトラックを制作。デビューアルバムに3曲が収録された。2006年「劇場版TRICK2」主題歌”ラッキー・マリア”でメジャーデビュー。以降Sound Horizon・Linked Horizonにサポートメンバーとして参加するなど精力的に活動中。

http://joelle.jp

永田ジョージ

柔軟でメロディアスな演奏で音楽への愛情を表現する、旅するピアニスト。米国で生まれ、日米英で育つ。クラシックピアノを4歳から習い、18歳でジャズに出会う。20代後半でサンディエゴに留学し、海原とシンクロナイズするウェストコースト・サウンドを体感する。帰国後は自身のバンドTriple Standardと共に日本・アジア・ヨーロッパのジャズフェス招聘される。2016年、インストバンド「いちむじん」でキングレコードよりメジャーリリース。ジャズ、ポップス、ワールドミュージックのアルバムを10枚リリースしながら、演劇・ダンス・ライブペイント・ランウェイ等とのコラボレーションにも携わる。自己主張をしすぎない演奏スタイルは水や空気にたとえられ、幅広いオーディエンスに受け入れられている。

http://groovepockets.com/

◆12月19日(日)

◎12:00~12:30 インディゴムーン

ハワイの楽器ウクレレと、ドイツの楽器ライアーのコラボレーションユニット。2009年結成。マルシェやイベントを中心に活動。 ひろみ(ウクレレ)は4児の母、ゆか(ライアー)は2児の母。自然に寄り添う育児や生活を模索しながら、音楽の可能性に喜びを見い出し、ウクレレ教室やライアーと歌う会などを通して音楽のある暮らしを提案している。

◎13:00~13:30 嫩-FUTABA-

爽やかかつパワフルな歌と対照的な生々しい歌詞が魅力。シンガーソングライターとして活動する一方介護士(主任)としての一面も持つ。2013年4月に初めてのシングルをリリースしたのを皮切りに約1年間の間に6枚のシングルをリリース。2015年には初のワンマンライブを熊本B.9にて開催。同年に9thミュージックレボリューション熊本大会にてグランプリを獲得した。2019年には4月にミニアルバム「くちなし」をリリースし同年6月と12月に熊本B.9でワンマンライブを開催。

◎17:00~17:30 尾下香織 with 武下侑加

尾下香織

マリンバ、打楽器奏者。平成音楽大学音楽学部音楽学科管弦打楽コース卒業。同大学音楽専攻科修了。第57回熊本県新人演奏会出演。第22回「若き音楽家たちのコンサート」出演、並びに宝山賞(準グランプリ)受賞。第48回長崎県新人演奏会出演。第22回”長江杯”国際音楽コンクール打楽器部門一般の部第1位。出田りあ、山ヶ城陽子の各氏に師事。現在、フリーランスで演奏活動を行っている。熊本マンドリン協会第51回定期演奏会ゲスト出演、2021年10月けんぶんセレクトステージ出演。

武下侑加

5歳よりピアノを始め、ピアノを塩永すみこ、松﨑伶子、平良大司朗、故市田儀一郎の各氏に師事。平成音楽大学音楽学部音楽学科ピアノコース卒業。同大学ミュージックプロフェッショナルコース修了。第53回熊本県新人演奏会をはじめ多数のコンサートに出演。現在、ソロやアンサンブルでの演奏活動を行う傍ら、後進の指導にあたっている。

◎18:00~18:30 坂田飛鳥

心を満たす”ハートフル”をテーマに活動するシンガーソングライター。音楽を通してだからこそ感じる事ができる想い、そして伝わる感情を大切に歌う。福岡県で展開するドラッグストア、”ドラッグコーエイ” テーマ曲「Going!コーエイ」 制作・楽曲提供。1stAlbum「あれかしと」発売&配信中。2022年2月20日、2nd Album「つまり、愛の認識」発売&配信。同日、熊本城ホールシビックホール「ハートフルワンマンライブ in シビックホール」開催予定。

◎19:00~19:30 KCクワイヤー

 

私達KCクワイヤーは2012年結成。熊本を大好きな歌で元気を届けたいと集まった18名のゴスペルteamです。有名アーティストのバックコーラスや結婚式、各種イベントへの出演などさまざまなシーンで活動しています。今回はその中から精鋭5名にてパフォーマンスさせていただきます!素敵なハーモニーはもちろんですが楽しいMCもお楽しみに♬

◎20:50~ style-3!(スタイルスリー)

2004年11月結成、高嶋英輔(バイオリン・作曲)、長澤伴彦(コントラバス)によるポップインストユニット。クラシックからポップス、ロックと多岐ジャンルを取り入れた個性的なオリジナル楽曲と躍動感あふれるステージパフォーマンスでお子様から大人の方までご家族みなさまにお楽しみいただきます。オリジナル楽曲は約150曲、ライブ稼働日数は年間約180日。言葉のない純粋なサウンドを伝え続けるstyle-3!(スタイルスリー)にご注目ください。